水のうえ

ここは水のうえ、あしたは空のました

【lofi】すべては過去になった 二度と取り戻すことはない #2

lofiコメント翻訳、第二回の音楽は、アーティスト「hisohkah」の「school rooftop(校舎屋上にて)」です。

【「lofiって何?」「コメント欄の翻訳?」という方は先にこちらの記事をどうぞ。】

lofiの音楽はどれもこれも似たり寄ったりに聞こえることもありますが、それでも曲ごとに呼び起こす感情は違います。 リラックスできる曲、ロマンティックな気分を呼び起こす曲、心が静かに晴れていく曲...
今日の音楽はあなたにどんな感覚をくれるでしょうか?そして、これを聞いた他の人たちはどんなコメントを残していくのでしょうか?今日も少しだけ覗いていってみましょう。




この曲は人生の美しさと同時に無意味さを象徴している気がする。あなたとあなたの成したことは時間のかなたに忘れ去られる。巨大な宇宙の中では塵のひとかけらほどもあなたの価値はない。曲の途中にある叫びはこの残酷な真実に対する反抗だ。それでも人生は何食わぬ顔で進みその反抗も全くの無意味だ。終わりにかけて曲がゆっくりになるのは、一日一日を過ごすかもしくは死ぬかという受容なんだ。

To me this song symbolizes the beauty yet pointlessness of life. You and all of your accomplishments will be forgotten in the vast expanse of time. Your worth does not amount to even a speck of dust in the grand universe. The scream is an act of defiance at this cruel truth. Yet it is all futile as life continues on unabated. The song slowing to an end is acceptance, either by living through each day or death.


「学校の屋上」っていうのは完璧なネーミングだ

ノスタルジア希死念慮の極致

school rooftop is a perfect name

a culmination of nostalgia and suicidal ideation


中学の頃の初恋とともに学校の屋上に戻りたい
彼女と一緒にポッキーを食べて夏が本当に待ち遠しいって話したい
人生が幸せで未来が怖くないあの頃に戻りたい

すべては過去になった 二度と取り戻すことはない
それでも思い出すのは本当につらい

i want to go back to the school rooftop with my middle school crush
i want to eat pocky with her and talk about how much im excited for summer
i want to go back to being happy with how life was and not being afraid of the future

that's all in the past now, ill never be able to relive it
but it hurts so much to remember


この曲は不安を持つっていうのがどういうことか要約してる

This song sums up what it feels like having anxiety


なんでかわかんないけど聞いてると心がほんとに痛い

it honestly hurts inside listening to this i dont know why


これのおかげで一年前自殺しないで済んだ... ありがとうdomino... ありがとうhiskokah...

this saved me from commiting suicide a year ago... thanks domino...thanks hiskokah....

[返信]
非難のつもりじゃないけど本当に曲のおかげだったのかな

no offence but I doubt it was a song that stopped you from offing yourself

[返信]
まじめな話、一番シンプルなことが人をこれだけ変えるってことはあるよ... 本当なんだ。一曲がものすごい影響を持つことはあるんだよ... 愛とか... 怒りとか... 憂鬱にも同じだ

Trust me.. the simplest thing can alter a person that far.. take it from me. A song could have a massive impact on someone.. with love.. or anger.. it can do the same for depression

[返信]
音楽は自分の人生でずっとすごく大切だった。家族とか友達とかよりもね。子供時代のクソみたいな経験のせいであんまり自分の感情を表に出すのが好きじゃないから、気持ちをどうにかするには音楽なんだ。音楽にけなされたりバカにされるようなことは絶対ないから自分にとっては一番いいはけ口だった。今もまだ問題は抱えてるしこういう種類の音楽に人生を救われたわけではないけど、でも音楽一般に助けられてきたっていうのは確実だ。アホなこと言いたかったわけじゃないのは分かるし自分もちょっとクソリプしてそうですね音楽は間違いなく命を救うし人の心の持ちようを完全に変えるんですよって言いたかっただけだから。
じゃあまあ気を楽にな。

music has been a huge part of my life, more than family and friends. I don’t like expressing my own emotions much because of shit I went through as a kid so the only way to cope was/is music. It never belittled me or made me feel like shit so it was the best outlet for me. To this day I still have issues and though it wasn’t music like this that I can say saved my life but it was definitely music in general. I’m sure you weren’t trying to be an asshole but just wanted to throw my 2 cents in and say yes, music can definitely save lives and completely alter peoples frame of mind.
Thank you and take it easy man.


この曲は無限に続く痛み、苦しみを表してるように思える。上を目指して泳いで、さらに上に向かって、水面に触れられさえすればいいと思うんだけど、でもひたすら深く、深く、深く、遠く、遠く、さらに遠くへと進み続ける。現実にぶつかるだけだ。できることは押すことだけ、押すしかない、でも状況は悪くなるだけ、すべての責め、すべての苦痛、すべての痛みがのしかかる。この曲には鎖のループ音まで入ってる。

to me this song just shows endless feelings of hurt, and pain. You are just swimming up, and up, to hope to just merely touch the surface, but it just keeps on going deeper, and deeper, and deeper, and further, and further, and further. Only to be crushed by realization. All you do is push, and push, but it only gets harder, when all the blame, and suffering, and pain is on you. you can even hear the looping sound of chains in the song.


日々の戦いを忘れようともがく。
幻の泡の中に自分を入れてみる。
問われるんだ、悲しいのはどうして。
気の触れる自分の狂気を説明する術もなく。
ただ驚き戸惑うだけ。
あなたを思い浮かべて。
僕のものになって夕食に連れて行くのさ。
君への想いに沈み溶けていく。

I try to forget my everyday struggles.
I try putting myself in a imaginary bubble.
Asked the question, why It is I'm sad.
No way of explaining the insanity of me being mad.
I get amused and confused.
With the thought of you.
Becoming mine for me to take you out to dine.
Consumed and confused with the thought of you.


なんで憂鬱な動画を見続けてるんだろう

Why do I keep watching depressing videos?


あー学校最悪だった。帰ってこれを聞くのが救い

man, had a real shitty day at school. coming home to this is a blessing <3


小学校の物置の横にフェンスがあって屋上によじ登れたなあ。夜に友達と学校の屋上でよく遊んだもんだ。

I remember my elementary school had a short fence next to a shed that you could use to climb onto the roof, so me and my friends would hangout on the school rooftop at night.


人生が嫌で昔を思い出したいならこの曲を聞けばいい

If you want to remember your past because you hate your life,then listen to this.


このlofiは聞いた中で一番だ。なぜ、どうしてなのかは分からないけど、曲のすべてが素晴らしい。どこかに連れていかれる。自分がこの曲をどれだけ好きかさえ分からないけど聞くと毎回すごい感覚を抱く。

これを作ってくれてありがとうhisohkah。

This Lo-fi is the best of all I've heard. I don't know how, I don't know why, but everything in this is excellent. It drives me away I can't even understand how much I like it but everytime I listen to this I get incredible feelings.

Thank you hisohkah for making this.


リピートしつづけてもう数時間ずっと聞いてる。落ち着くけど同時に憂鬱な音が今の気持ちを映し出してくれる。

I've been listening to this song on repeat for several hours now. It's got a calming yet melancholy sound that reflects my current feelings.


これを聞いてると地球には自分一人しかいないみたいに感じる

this song make me feel that i'm the only one on the Earth.




今日の記事はここまでです。

気に入られた方、lofiコメントの世界を広めたいと少しでも思った方はぜひシェアをお願いします。

ブログの更新はtwitterで行うのでこちらのアカウントのフォローもよろしければどうぞ。

それでは、あなたが静かで平穏な夜を過ごされることを祈りつつ。

【lofi】これは音楽じゃない、これはエモーションだ #1

こんばんは。前回の記事で予告した通り、lofi動画のコメント欄を翻訳しました。前回の記事を読んでいない人、「lofiって何?」という人、「コメント欄の翻訳???」という人は、前の記事を読んでもらえると嬉しいです。

さて、第一回のlofi動画はこれ、アーティスト「kudasai」の「the girl i haven’t met (まだ見ぬ彼女)」です。


kudasai - the girl i haven't met

再生回数2500万回を超えるlofi界の超有名曲と言っていいと思います。僕が初めてlofiコメントの世界に触れた動画でもあります。

今回は第一回ということで相当な量を訳してみました。ぜひ動画を再生して曲を聴きながら(重要)読んでくださいね。




片思いした女の子や男の子とか、もしくは今付き合ってる子が、残りの一生を添い遂げる相手なんだって考えるとそれは素敵だけど、でもほとんどの場合その人は完全な時間とお金の無駄だ。だって「本当の人」は1000キロとか100キロ先の遠くにいて、その特別な人には40代を過ぎないと会えないだろうし、そのときもう自分は仕事があって、小さなアパートに一人で住んでいて、子供の時よりも持ってるお金は少ないし、持ってる幸せも確実に少ない。でもその特別な人に出会うと人生全部が180度向きを変えて、残りの人生では、愛の素敵な思い出とか気持ちとか感情とかが、ネガティブな気持ちとか考えを全部吹き飛ばす。そして気づいたときには、二人は一緒に年をとって、子供ができて、その子供もまたあなたと同じ愛のサイクルを進んでいく。それで、子供たちが愛の挑戦に成功するのを見たちょっと後には...満足してこの世を去ることになる。私は過去の人生のどの時点でもこういう愛の経験をしたことはないけど、でも自分の心の一番奥の部屋にこういう気持ちがあるのが分かる。私は今は醜いとか太ってるとかいって拒否されてるけど、そんなものは家族ができたときに振り返れば何の意味もないものになるってことが分かる。ただ単にこういうことを起こしてみればいい...開け放してみるんだ。誰かがあなたをいじめても、生きるべきじゃないと思われても、自殺しろと言われても、そんな話を聞いちゃだめだ。心の奥であなたをいい人にしているあなたの部分を変えてはいけない、偽物の人形なんかになってはいけない。もしあなたが今大学生以下で、愛のある生活を求めているなら、なおさらそうだ。お金持ちになる必要はない。iPhone Xを持ってる必要はない。高い靴を持ってる必要はない。さっき言った嫌な奴らにかまう必要もない。ただ「あなた」でいればいい。為すに任せよう。私を信じてほしい。ありのままの自分でいないことは、大して将来のためにならない。生涯を一緒に過ごす特別な誰かとの関係にも役に立たない。その人があなたの人となりを底から変えようとすると思う?そうならないといいね。多分そういう人は「本当の人」じゃない。選ぶときは慎重になろう。とまあ、どこかで聞いたことあるようなことしか言っていない気もするけど...だけど、私の体がとにかくコメントを書き始めてしまって、文字一つ一つが心からタイプする指へと直接流れてきた。一文字キーを打つごとに、経験していないはずの私の人生の一部の感情を呼び覚ました。あー、普通こういうかしこまった書き方とかしゃべり方はしないんだけど...短いというか、”チル(chill)”な言葉が好きなんだけどな。それに今までこういうことをよく考えてみたこともなかったし。今のところ誰とも付き合ったことさえないし、多分これからもしばらくしないと思う。でも...心の真ん中から何かが本当に湧き上がってきたら、素敵なことがアウトプットされる。あなたにとっての特別な人を見つける幸運にみんなが恵まれますように。今2017年の12月14日でコメントが1561件あるけど、このコメントが埋もれてしまわないといいな。

It’s amazing to think that the girl or boy that you have a crush on or that you are currently dating will be the one who you will spend the rest of your life with, but most likely that person is a complete waste of time and money, because the real one is probably hundreds, if not thousands of miles/kilometers away, and you may not meet that special somebody until your above forty years old, and you already have a job, a small apartment in which you live by yourself, much less money than what you had as a child, and definitely not as much happiness. When you meet that special person, your whole life will turn around, and your negative emotions and thoughts will be overflowed by the great memories, feelings, and emotions of love for the rest of your life. Then, before you know it, you two will grow old together, have kids, and then see your kids go through the same cycle that you went through with their love life. Then, a short while after you watch them succeed in the trials of love…you leave the world satisfied. I have not experienced this sort of love at any point of my life so far, but I know these feelings from the deepest chamber of my heart. Though I may be rejected and thought as ugly or fat nowadays, I know it will be useless crud in the past when I look back at my life with my new family. You just need to let these things happen…let them unfold. If people bully you, if they think that you should not be alive, if they tell you to kill yourself, don’t listen to them. Don’t change anything about yourself that makes you a good person at heart. Don’t make yourself an artificial doll that is not really you. Especially if you are currently a student below college seeking a love life. You don’t have to be rich. You don’t have to have an iPhone X. You don’t have to have expensive shoes. You don’t have to be affected by those haters. Just be you. Let them deal with it. Trust me, not making yourself who you really are not will greatly benefit you in your future, and in your relationship with that special somebody that you will spend the rest of your life with. Will that person be trying to change who you are as a person deeply? Well, let’s hope not. If they are, maybe then that person is not the one. Make sure to choose carefully. Anyways, this may have all sounded cliche, but…my body just started typing, and each letter and character came from my heart straight to the fingers tapping on my keyboard, each tap bringing on emotion of a part of my life that I may have not experienced. Heck, I normally don’t use this type of formal writing or speech…I like to use shortened, I guess “chill” words. And I really have never reflected on these things before. I have never even dated anyone in my life as of now, and probably won’t for a long time. But…when things truly come from the center of your heart, amazing things will come out. I wish you all luck in finding that special somebody for you. I hope that this comment won’t get lost in the sea of over 1,561 comments as of December 14, 2017. < 3


これは音楽じゃない、これはエモーションだ

This isn’t a music, it’s a feeling.


心が空っぽだ でも今はこの瞬間を楽しんでおこう いつかよくなる よくなるといいな

my soul is empty. but ill just enjoy this for now. one day ill get better i hope.


インターネットの最高なところは自分と同じくらい絶望した気分の人がたくさんいるって分かること。みんな頑張ってこうな。

Greatest thing about the Internet is realising there are thousands of other people who feel as hopeless as you. Hope we all make it lads.


昔は一人で、すごく寂しかった。私はある男の人と友達で、いつも惹かれてた。ある晩勇気を出してどうして独身なのと聞いてみた。彼の答えはこの曲だった。それからわたしはこの曲が大好き。2年経って私たちはまだ一緒にいて、この曲がかかると「なるほどな」って思える。こんなに綺麗な曲に感謝。

I was alone at one point and very lonely. I was friends with a guy who I was always captivated by, and one night I got courage to ask why he was single. He just responded with this song, and I loved it ever since. 2 years later, were still together and when this is ever played it all makes sense. Thanks for such beautiful music <3


誰かに片思いされたい もうされてるのかも みんな愛されたがってて みんな寂しがってる これはアホだ

I want to be someone's crush, may be i am It is stupid how we all want to feel loved and we all feel lonely


何でか全くわからないけどみんな愛してるよ

I have no clue why but I love all of you people


住んでる町から浮いてるなって感じたことある人いる?

Anyone ever feel like you don't belong in the city you live in?


悲しくなるとなぜか気分が晴れる。

Feeling Sad makes me feel better for some reason.


なんて世界は残酷なんだ、孤独な人がこんなにたくさんいる。それでも一緒に孤独になることはできる

How cruel this world is, that there are so many lonely people. At least we can all be lonely, together


結構しばらくのあいだ一人でいて、全然満足できないし恋愛は何というか諦めてた。でもまた誰かを見つけたら戻ってきて報告するよ。それまでこれを毎晩聞いてあったかいコメント読んで、空っぽの心を満たすね。さよなら、みんなに愛をこめて

I've been alone for quite a while now, and I've sort of given up in romance because I don't ever feel enough. but if I ever find someone I'll come back and tell you guys. til then I will listen to this every night and read the wholesome comments to fill up my empty heart 🖤 peace, love you guys


疲れてないのに疲れてるって思ったり、外側は幸せでも内側では何も感じずにただ泣きたいだけって思ったりしたことない?

Ever felt like your tired even you're not, or that you're happy on the outside but on the inside you don't feel nothing but want to cry?


五月の最初の日
その日は
彼について
僕がアドバイスした日
あなたは言う
彼は
僕みたいに
話してくれない
ほとんどの時間
彼はいない
僕と違って
ブラインドの
隙間から
忍び寄る
太陽が
僕の目を
開くとき
最初に
思い浮かぶのは
あなた
僕の
意識が
ベッドで
必死に
たゆたうとき
最後に
思い浮かぶのは
あなた
あなたの名前が
携帯の
スクリーンに映る
昨日と同じ
8時と10時
その
あいだ
おはようと
おやすみを
あなたに贈る
その望みは
敬意の
美しさで
痛めつけられる
でも
僕が
彼より
あなたを想ってる
そう見えるのに
どうして
僕はただの友達なの
どうかください
まだ見ぬ彼女を

the first of may
was the day
i gave you advice
on him
what you
basically say
is
he doesnt talk to you
the way i do
hes not there
most hours
of the day
unlike me
youre the first
thing
on my mind
when my eyes
open from
the sunshine
creeping in
through
the cracks of
my blinds
and the last thing
when my
mind
desperately tries
to drift away
in bed
your name appears
on the screen
of my phone
just like yesterday
between the hours
of
eight and ten
a want to
wish you
goodmornings
and goodnights
is tormented
by the
virtue of respect
but
why does it seem
i care for you
more than him
yet
im just a friend
please give me
the girl i havent met


一週間の行動病棟での生活を終えて今日退院した。私と同じ部屋で私より前に退院した人がいた。当然、私たちは仲良くなった。彼の名前はグレイソン。オンラインの大学四年生で、私は二年生。性別は逆だったけど、そのことはあまり考えなかったし、気にしなかった。

最初に彼が尋ねたのは朝起きる時間で、朝食を食べるかどうかということだった。私はノーと言って朝食は食べず、彼は自分の分を食べるのに戻った。私たちはそんなに会話しなくて、夜中私が部屋に入ってきてうっかり彼を起こしてしまったときも、特に何も言わなかった。最初の休憩まで特にかかわりあうことなく病院のアクティビティをこなした。部屋にいるとき、どうしてここに来たのか彼が尋ねた。私は希死念慮[訳注:具体的な理由はないが漠然と死を願う状態]があるからと説明して、彼は自殺しようとしたからここにいるんだと明かした。そこからだった。会話が始まった。

彼は聞くほうが得意なタイプだったと思うけど、私はしょっちゅう私がうっとうしくないか確認した。彼はノーと答えて、私の話のおかげでもう退屈しないと言った。病棟のスケジュール中に部屋での休憩があるごとに一日のほとんどを話して過ごして、夜はすぐ眠る代わりに話した。彼は喋るのは好きじゃないと言ったから、私は本当に自分がうっとうしくないか、彼が嘘をついてるんじゃないかと心配した。私は学校でのことなら何でも話した。誰かが私のことをチビと言ったからディベート中に机の上に立って叫んだこと、新入生のホームカミングに26歳の男が忍び込んだこと、英語の教師が本当に意地が悪いことその他もろもろ。バカな話だったけど、冷え性な彼は毛布に丸まりながら一晩中笑った。隣の部屋にいる子供にちょっかいを出すために壁を叩くなんてこともして、叩き返されたときには二人で笑った。

次の日彼は退院した。私はそうなるのを知っていて、よかったなと思ったけど、這いよる孤独感を無視できなかった。私がベッドで横になっている間に、彼は家族との面談を終えてすでに去っていたことが分かった。彼と彼の母親が開いたドアのそばを通るのを見た。彼は私に手を振った。私は手を振り返して、終わったんだと思って寝返りを打ったけど、彼が戻ってきてさよならを言いに来た。彼はお互いもう二度と会うことはないだろうねと、悲しく、未練のにじみ出るようなふうに言った。私のスナップチャットを覚えているか私は素早く聞いた。会話しているときに割とやっていたからだ。私はユーザーネームを口で言って覚えてもらおうとした。彼はそれを書いてほしいと言ったけど、私はちょっとためらった。病院外での連絡は規則に反しているからで、でも2年前にいた病院では何度もその規則を破っていた。彼が一体何を言っているのかようやく分かったとき、クレヨンの絵でいっぱいの小さなフォルダから紙と鉛筆を急いで取ろうとした。

ユーザーネームの一文字目を書きだそうとしたときには、看護婦が部屋に入ってきてしまった。その最中、私は崩れ落ちるようにさえ感じた。看護婦は何が起こっているのか分かって私たちにいけないと言ったけど、私は嘘をついて、幸運にも過去の日記がびっしり書かれた紙を手に取ったことに気づいて、日記を書いているんだと言い張った。それを看護婦に見せると彼女は謝ったけど、そこで私はグレイソンを振り返った。静寂の中で見つめあった。私たちは彼が去るまで看護婦が行く気がないことが分かった。彼は打ちのめされているように見えた。彼がゆっくりと歩きだす前に視線が一度だけ交差した。
一日を通して、友達のように話しそして一緒の時間を楽しむようになっていた。私がお別れを言ったのが彼だけだったかは分からない。彼は私以外にはしなかったみたいだ。彼が最後に私にかけた言葉が「急いで」だったことだけが私をとらえて離さない。いまだにどうしてあそこで躊躇したかが分からない。
なかなかな経験だというのは分かるけど、私の体からこれを吐き出さないといけなかった。SNS上にも彼は見つからないし、たぶん私は寂しいとかなんかそんな感じなんだと思う。知らないけど。彼は私の兄と、ある友人の面影があったし、たぶんそれが理由かな。

追記(2018年11月20日):探すのをあきらめた。彼に友達ができるといいな。友達いないって言ってたから。

i was discharged from the hospital today after spending a week in the behavioral unit. i had a roommate who was discharged before me. naturally, we bonded. his name was grayson. he's a senior doing online school, and i'm a sophomore. despite the fact we were opposite genders, i didn't think much of it, and i didn't care.

the first thing he asked me was if i was getting breakfast when it was time to wake up. i said no, i didn't eat breakfast, and he went back to eating his own. we didn't talk much, and neither of us mentioned me coming in the middle of the night and accidentally waking him up. we went on with the activities throughout the day without really interacting much until the first break. while in our room, he asked what i was here for. i explained that i was there for suicidal ideation, and he ended up revealing that he was in because he tried to kill himself. it continued from there, and we just ended up talking.

i guess he was more of a listener, but i'd constantly ask if i was annoying him. he said no, and he said he wasnt bored anymore because i talked. we talked for most of the day every time we had a break in our rooms during the unit schedule, and instead of sleeping right away at night, we talked. he said he didn't like talking, so i worried if i was truly annoying him and he was lying. i told him all sorts of stories about stuff at my school; the time i stood on the table and yelled during a debate because someone called me short, how a 26 yr old man tried sneaking into freshmen homecoming, how mean my english teacher was, etc. it was stupid, but he'd laugh all night under his blanket cocoon because he was cold. we'd even knock on the walls to mess with the kids in the room next to us and laugh when they'd knock back.

he got discharged the day after. i knew he was getting discharged, and i was happy for him, but i couldn't shrug off the creeping loneliness. i figured he already left after his family session while i was laying in bed. i saw him and his mom walk by the open door to the room, and he waved at me. i waved back and figured that was it and rolled over, but he came back though to say bye to me. he told me we would never see each other ever again in a sad, wistful sort of way almost. i quickly asked if he remembered my snapchat, since i casually dropped it during a conversation we had, and i began reciting the username so he could remember. he asked if i could write it down, but i hesitated for a moment. outside contact was against the rule, but i've broken that rule many times at the previous hospital i was at two years ago. when i finally processed what exactly he was asking, i hurriedly reached for one of the papers from my little folder full of crayon drawings and grabbed for a pencil.

i didn't even get to write the first letter of my username down when the nurse came in. in the midst of it, i could feel myself cave in. she could tell what was happening and told us no, but i lied and insisted i was writing a journal entry when i realized i luckily picked up the papers with my previous entries scrawled all over. i showed it to her, and she apologized, but i looked back at grayson. we just stared at each other in silence. we both realized the nurse didn't intend on leaving until he left. he seemed defeated, and we shared one last look before he slowly walked out.

over the course of a single day, we talked like we were friends and came to enjoy our time together. i don't know if he was the only person i said bye to. he didn't seem to talk to anyone else. the only thing that haunts me is that the last word he said to me was "hurry." i still don't know why i hesitated.

i know this was a lot, but i had to get this out of my system. i can't find him on social media, so i guess maybe im sad or something. i don't know. he reminded me of my brother and a friend of mine, so maybe that's why.

edit 11/20/18 : i gave up looking. i just hope he finds a friend. he said he had no friends that’s why.


彼女に出会った、彼女は壊れてた。僕は彼女を直してあげたけど、彼女は直って去っていった。僕は壊れたと思った。

I met her, she was broken. I fixed her but when she was fixed and left. I felt broken.


変な話だけどさぁ、残りの人生を一緒に過ごすその人っていうのはもういるんだよな。もう会ってるかもしれないし、ただすれ違っただけかもしれないけど。もう親友になってるかもしれないし。その誰かはそこでその人の人生を送ってる。二人を結ぶ完璧な瞬間を待つ世界の中で...

Ya'Know what's funny - the girl/guy that you will spend the rest of your life with is already out there. You could have met her already, or just passed by him/her. You may even be best friends with him/her. He/she is out there living his/her life. With the world waiting to put you two together at the perfect moment...


みんなに知ってほしい。

そこにいるんだ、ちょうど今。

その特別な人はそこにいる。

あなたはその人を知らないだろう。

あなたは名前も知らないだろう でもいつかきっと。

いつ出会うか どう出会うかはわからない でも出会えば「これだ」と分かる。

その人はあなたを幸せにする あなたはその人を幸せにする。

熱く愛し合う そして一緒に幸せに過ごす。

愛のためにその時を待とう。

約束しよう あなたはきっと見つける。

I want you all to know this.

Out there, right now.

That special someone is out there.

You may not know them.

You may not know their name but you will someday.

You may not know when or how you’ll meet but when you do it will just feel right.

They’ll make you happy and you’ll make them happy.

You’ll both fall madly in love and live happy lives together.

Love is worth the wait.

I promise you, you will find them.


今日彼女と出会った。彼女の視線が僕の視線と合って、永遠かと思ったぐらい時間が止まった。地球に生まれて18年、こんなこと感じたことなかった...

更新予定

1. 2日前しゃべってるときに彼女の番号をゲットして、それからほとんど夜中までずっとおしゃべりしてる。本当にいい子だしユーモアもある。昨日、今日の夜に夕食に行くのはどう?と誘ってみた。返事はイエス。みんな応援よろしく。

2. 夕食は最高だった。カジュアルだけどちょっと上品な感じのハンバーガーのお店に行った。すごく気に入ってくれた!ご飯もおいしかったし、音楽もステキで、ほぼ2時間会話が止まらなかった。正直その夜が終わってほしくなかった... 車で家まで送って、付き合ってくれたことに感謝したら、「ねえ、来週も行こうよ、すごく楽しかった!」って言ってくれた。それで話は今日まで飛ぶけど、今夜映画を見に行くことになった。彼女もスーパーヒーローものが好きで(ありがとう神様)、シャザムを見る予定。そこで一歩押すべきかどうか分からなくてちょっと怖い。手を握るべき?抱きしめる?キスする?何もしない?ホントに分からない。事の成り行き次第でいいと思うことをやることになるかな... じゃあ行ってみようか...

3. うん、いや何が起こったか説明できない... 映画に行きました、手を握って、全部完璧............... 彼女にキスした... 僕はなんでか告白した、彼女のことが好きだと言ったら彼女が一歩踏みよって、お互いの唇が5センチってところになったから、僕はついにやった... 彼女はビックリしていて、僕は間違えたと思って謝ったら、彼女は片手を僕に伸ばしたから僕はその手を取った。彼女は僕を彼女の唇に引き寄せて、僕の頭は文字通りストップして、何も言えなかった... たぶんそこでやらかしたんだと思う... 彼女に明日会うから、ちゃんと話をつけられたらいいな...

4. まずいかもしれない... 僕は彼女と一緒にいたい、たぶん後々付き合いたいんだと告げた。大好きだと言って、初めて会った日から僕の気持ちは大きくなり続けていると言った。彼女は「私の中で何が起きてるか分からない」と言って、いらだった顔をした... ほとんど泣きそうだった... 僕は彼女を抱きしめて大丈夫だと言った。パートナーに何を望むか聞いてみたら「分からない」と答えたから、何を望まないか聞いてみた。「一人にされること...」と言った。彼女が僕のこと好きだって分かるし、キスが好きだとさえ言ったけど、なんだか彼女はまだ付き合う用意ができていないように感じるし、でも同時に僕と一緒にいたいっていうサインもすごく感じる。僕はすごく混乱してる... 僕は恋に落ちるのが早すぎたのかな、でも自分の気持ちは確かだし、ことを急ぎすぎたのかも?彼女に他に好きな人がいるとか?次にどうするべきか分からない...

5. はじめに、更新頻度が高くなくてごめんなさい。なんだか事の成り行きが変なんだ... えっと、あのキスとかの後にはもう何もなくて、僕は彼女に余裕を持ってもらうことにして、ただ友達として付き合うことにしてみた。先週2回くらいランチに行ったけど、二人はいつも二人の時間を延ばす口実を探していて、お互い触れ合う理由まで探してる。たとえば僕が指をポキポキ鳴らすと彼女はいつもそれを止めて僕の手を取って、お互い撫で続けながら数分そのままでいる。2日前、夜遅くにチャットしているときまではそんな感じだった。彼女はこう言って眠った。「Te quiero, aunque me hagas muchas cosas y me haga sentir mal」、つまり、「好きだよ、たとえあなたが私にたくさんのことをして、私を嫌な気分にさせてもね」。僕は本当にうろたえた。何も悪いことをしていなかったから、すごく混乱した... とにかく、昨日彼女にそれがどういう意味だったのか聞いてみたけど、答えようとしなかった。僕は、彼女の言ったことが心配だ、僕が彼女の生活にどんな悪いことを引き起こしてるか分からない、僕はそれを知る必要がある、と言った... 返事はなし... それで僕は「Te quiero mucho」、スペイン語で「本当に愛してる」と言ったら、彼女はこう言った。「私はあなたが愛してるとは思わない...」。そして走り去ってしまった。その後、すべてを説明するメッセージを受け取った。彼女は、ずっと独りぼっちだったから自分の感情をそんなふうに話したくないと言った。さらにこう言った。僕が彼女のことをすごく心配しているのは分かっているけどそう信じたくない、だって僕のことを気に入りたくないから、僕がいつか彼女を置いていくのを”知ってる”から... 「私にすごく優しいよね、誰もずっとこんなふうにしてくれなかった。でもだからあなたが行ってしまうときに傷つきたくない」と言った(そろそろ言っておくべきだと思うけど、僕は18歳、彼女は17歳で、僕は二人が住むところからだいたい1時間半かかるメキシコシティの大学に出願しようとしている)。
このメッセージを受け取った後、彼女のところに行って話した。君は僕が他の人のように君を置いていくなんて決めつけられないし、たしかに僕は行きたい大学に入って町を離れるかもしれないけど、それでも君の所に行くよと伝えた。そしてこう言った。「僕がしたいのはただ、君のためにここにいること、君を支えること、君を気にかけること。どんな悪さもする気はないし、君はたぶんこういう台詞を以前にも聞いたことがあるんだろうけど、でも僕は本気だから。それを証明するよ、te quiero mucho(本当に愛してる)」。彼女は僕にハグした... 今、彼女は間違いなく付き合うということへの準備ができてないけど、僕は、彼女のためそこにいること、誰かに自分の思いを信頼して預けられるんだということを彼女に分かってもらうことを決意した。信頼、それが僕の目標だ。

これを読んで「このアホ...」と思ってるのならごめんなさい。でも僕はこうやって学んできたし、これが彼女に対するベストなやり方じゃないかもしれないけど、全力を尽くすって約束するよ... 望むのは良い”感じ”をこうやって送ってあげることだけ、もっとそういうのが必要だ。じゃあまた次の更新で(あと変な英語でごめんなさい)。

5.5. みんな、YouTubeコメントの文字上限を超えたみたいだから、次の6は誰かがお勧めしてくれたように下のコメント欄に返信として載せます。

Met her today, her gaze met mine and time froze for what it seemed to be an eternity. Haven't felt something like this in my 18 years on this Earth...

Will update.

Edit 1: Got her number 2 days ago while we were talking, we've been chatting ever since almost until midnight, she's a really nice girl with a good sense of humor. I asked her yesterday if she would like to go out for dinner tonight, she said yes. Wish me luck.

Edit 2: Dinner was great, we went to this casual but kinda classy hamburger place, she loved it!! Food was great, the music was amazing and we couldn't stop talking for almost 2 hours, honestly I didn't want the night to end.. I drove her home, thanked her for letting me taking her out and that's when she said "Hey, let's go out next week as well, I had a great time!". So, fast forward to today and we've agree to go to the movies tonight. She's into superheroes as well (thank God) and we're watching Shazam. I may be a little scared because I don't know if I should make a "move" or not. Should I hold her hand? Hug her? Kiss her? Do nothing? I honestly don't know. I guess I'll do what I think it's appropriate according to how things develop... Here we go..

Edit 3: Okay, I can't explain what just happened.. We went to the movie, held hands and everything was perfect................. I kissed her today..... I confessed myself for some reason, I told her I like her and then she took a step towards me and we were like 5 cm away from each others lips, so I just went for it.. she was in shock, I thought I had made a mistake so I apologized, then she stretched her hand towards me and I took it, she pulled me into her lips and my brain stopped working, literally, I couldn't say anything... I think I might have screwed up in there... I'm seeing her tomorrow morning, hopefully I can clear things out..

Edit 4: This may be bad.. I told her I wanted to be with her, maybe eventually go into a relationship, I told her I like her a lot and that from the first day we met my feelings have been growing. She said "I don't know what's happening with me" and she made a face of frustration.. She almost started crying.. I hugged her and told her that is was okay. I asked her what does she want from a partner, she said "I don't know", then I asked what she doesn't want from a partner, she said "To be left alone.." I know she likes me, she even said she likes kissing, but somehow I feel she's not ready for a relationship but at the same time she's giving me all the signs that she wants to be with me. I'm very confused.. I may have fallen in love too fast, but I'm sure of my feelings, maybe I'm pushing things too much? Maybe she likes someone else? I don't know what my next move should be..

Edit 5: First of all, I apologise for not updating too frequently, things have been weird.. Let's see, after those kisses there haven't been any more, I tried to give her space and just enjoy her company as a friend, we went for lunch a couple times in the past week, both of us are always looking for excuses to expend more time with each other and even to make physical contact, for example, everytime I crack my fingers she stops me and takes my hand and we stay that way for minutes while we both caress each other, things had been that way until 2 days ago while we were messaging late at night. She went to sleep saying "Te quiero, aunque me hagas muchas cosas y me haga sentir mal" Which translates to "I like you, even if you do a lot of things to me and make me feel bad". That obviously threw me off, I was very confused because I did nothing wrong to her... Anyway, I talked to her yesterday about what she meant by that and she wouldn't talk to me, I said to her that I was worried about what she said, that I didn't know what bad I was causing in her life and that I needed to know.. no response still.. then I told her "Te quiero mucho" which in spanish means to care for someone very deeply, and she said "I don't think you care for me.." And she left running.. Later, I got a message from her explaining everything, she said she doesn't like to talk about her feelings that way because she always has been alone, she said she doesn't want to believe that I care very much about her even though she knows I do because she doesn't want to get very fond with me because she "knows" I will leave her.. She said "You're very nice with me, you treat me like no one has in a very long time, and that's why I don't want to get hurt when you leave" (By now I should mention I'm 18 years old, she's 17, and I'm about to apply to college in Mexico City, which is about and hour and a half from where we both live).
After receiving those messages I went to her place to talk with her, I told her that she can't assume I'll leave her like everyone has, yes, I may enter the college I want and leave town but I'll still visit her, then I said "All I want is to be here for you, to support you, to care you, I don't mean any harm, and I know you may have heard these words before but I really mean it, and I'll prove it to you, te quiero mucho" and she hugged me.... Now, I think she's definitely not ready for a relationship, but I've made my choice to be there for her and to show her she can trust someone her feelings, that's my goal, trust.

I'm sorry if you're reading this and thinking "You idiot.." but this is how I've learn to do things, It may not be the best approach to her but I promise I'm doing my best.. All I ask is to send some good vibes this way, I'm going to need them a lot. See you in the next edit (and sorry for my broken english).

Edit 5.5: Guys, I think I've exceeded the permitted words for a comment on YouTube, I'll put edit 6 as a reply to this comment below as someone recommended it.




今回は以上です。第一回ということで相当分量を多くしてみましたが、次からはもう少し読みやすくコンパクトにしていこうと思います。

気に入られた方、lofiコメントの世界を広めたいと少しでも思った方はぜひシェアをお願いします。

ブログの更新はtwitterで行うのでこちらのアカウントのフォローもよろしければどうぞ。

ここまでお読みいただきありがとうございました。次回の更新も近日中に行う予定ですのでご期待ください。

それでは、あなたが静かで平穏な夜を過ごされることを祈りつつ。

【lofi】YouTubeコメント欄に広がるやさしい別世界

lofi(ローファイ)とかlofi hiphopとかchill(チル)とか呼ばれている音楽のジャンルがある。ここに、みんなの知らない異世界が広がっている。世界中の優しさと哀しさが溶け合っている。僕が少しだけ知っているこの世界を紹介したい。そして、もしよければ一緒に味わってもらいたい。

lofiとは?

まず「lofi」というのを聞いたことがない人も多いと思うから、ごく簡単に説明しようと思う。説明といっても、正直lofiという音楽ジャンルは言葉で説明するより実際に聞いたほうがよっぽどいい説明になる。曲のリンクを貼っておいたから、ぜひ聞きながら読み進めてみてほしい。


the girl i haven't met (まだ見ぬ彼女)

lofiの正確な定義はないと思うけど、一番の特徴はその雰囲気だと思う。ゆったりしていて、聞いてみるとすぐに分かるけど、音をわざと掠れさせたりぼやけさせたりしている。lofiの曲はどの曲も似たり寄ったりと言えばそれまでだけど、これはシンプルさを追い求めた先の統一感といったほうがいい気がする。

このジャンルの特徴は音だけの話じゃない。動画の映像にやたらと使われる古い日本のアニメのワンシーン、短い繰り返しのループ画像、ロマンティックでどこか物悲しい曲のタイトルなどが、この界隈の音楽にゆるい一体感を感じさせている。

不思議なコメント欄

そして、ここからが本題。このlofiミュージックの世界で僕が一番おもしろいと思うことだけど、lofiの曲を聞いた人が残すコメント、YouTubeのコメント欄が、想像もできないほどに優しくて、悲しくて、いろんな人の経験と人生が詰まっていて、一言でいえばすごく「豊か」なんだ。一つの別世界が広がっていると言っても全然大げさじゃない。

これは考えてみるとすごく不思議なことだと思う。なぜって、たいていのlofiには歌詞も何もないのだ。歌詞がないのに、人はlofiを聴いて本当に色々なメッセージを見出す。日常にある小さな素晴らしさ、うるさすぎる世の中、今はもうここにいないあの人の思い出、愛することの素晴らしさ、その素晴らしさの隙間に垣間見える儚さ、孤独の寂しさ、孤独の中にある心の平穏etc.etc...

”会ったこともない恋人”や”経験したこともない別れ”を「思い出す」。面と向かって話すにはロマンティックすぎる思い出、誰かに伝えるには重すぎる苦しみについて、たくさんの人が「何故だか分からないけど(I don’t know why, but)」コメントに書き残していく。それはコメントと呼ぶにはあまりに長すぎる告白であることも多い。

世界中の心と記憶

lofiの哀愁に誘われた人たちが、誘われるままに自分の心と記憶を少しだけ置いていく。無数の人が置いていった色も形も違う砂の粒が、混ざりあって一つの大きな山を作る。風が吹けば端から崩れていく砂山だけど、飛んでいく砂粒さえも、月の光に照らされてきらきらと輝く。

夜中の2時、開いた窓からぬるい風を感じながら、ノスタルジアを漂わせる音と絵と文章が溶け合わさって心に満ちていく。コンクリートの壁に囲まれた孤独の中で、「You are not alone(あなたは一人じゃない)」とコメントが囁く。これを文化も国籍も違う世界中の人が、YouTubeという窓を通して経験している。

これは、一つの新しい文化、新しい場所、噴水のしぶきと舞い散る落ち葉に人の影を見出す無人の公園だ。人は誰かの作った音楽と、誰かの描いた昔の絵と、誰かの残した心と記憶に囲まれて、誰もいない部屋の中で誰かを感じる。

...でも、それも英語のコメントが読めればの話。だから僕はこれを訳して、みんなに読んでもらうことにした。 僕がまだ会ったこともない誰かが、哀しさを少しでも癒せるように。少しだけ優しさを取りもどせるように。そんなふうに祈りながら。
Peace, have a nice day.


※いろいろな動画からコメントを選んで訳して、ある程度まとまったものを記事として投稿していこうと思います。もうちょっと待ってね。
→最初の記事はこちら

【翻訳】還元主義者の育て方:繁栄の時代に向けた子どもの教育のパラダイム再考

※この記事はJournal of Design and Scienceの第5号「Essays in Exploration: Resisting Reduction」にあるHow to (Not) Raise a Reductionist: Reassessing the Paradigms of Child Rearing for an Age of Flourishingの翻訳です。


子どもは一番幼い時期に、直感的で遊び心に満ちた世界とのかかわりを通して、最も難しい運動機能のいくつかを習得することができる。子どもの教育に対する、不可避的に大人の介入が起こる管理主義的方法が、我々が抵抗すべき還元主義を標準化するのだろうか?

我々は人生を旅や巡礼、その最後に何か重大な目的があるものに例えて考えた。そして最終的にその目的に到達するのが重要というわけだ。成功か、ほかのどういう呼び方でもよいのだが、あるいは天国というものが、死の後に訪れるのだ。 しかし、我々はずっと肝要な点を見逃していた。 人生とは音楽のようなものだったのであり、音楽の流れる間、人は歌い、そして踊るべきだったのだ。
- アラン・ワッツ

我々は人生の最初期において、どんな公式な指導もなしに、最も複雑な活動のいくつかを学び習得する。わが子が初めての言葉を発したり初めて歩いたりするさまを目撃するのは親の人生の中でも特別な瞬間であり、それはそのような達成が全く予想されないようなやり方で、かつ大したインプットもなしに起こるからなおさらそうなのである。このような発達上の重要なステップは、子どもの直感的かつ遊び心に満ちた世界とのかかわりから生まれる奇跡的な副産物だが、不幸にも我々の多くは、生まれて数年ののちにはもう、この生来備わった成長のプロセスを信頼しようとはしなくなる。それから間もおかず善意の大人たちがやってきて、指示し、助言し、判断し、賞賛し、ご褒美を与え、訓練しはじめることで、適切な発達のために必要だとみなされた知識、技術、習慣を子どもたちがきちんと獲得するようにさせる。しかし、このことが子どもたちに送る隠れたメッセージとは、人の持つ世界と関わろうとする生来的な本能は、成長のための十分なエンジンではないということである。子どもたちは次のことを信じるようになる。つまり、彼らが自身の発達を導くには、親、教師、専門家、そして一般に社会というような外的な権威が必要なのであり、また、そのような権威の助言、手引き、サービスに頼れば頼るほど、彼ら自身はより完成に近づいていくのだということである。多くの幼稚園、学校、家庭で営まれる子どもの養育に対するこのような管理主義的なやり方が、伊藤穣一1が抵抗するように提唱している還元主義を標準化するものなのだろうか?

義務教育に対する現在の批評家たち2が指摘しているように、人類は学校制度の遥か以前から自分自身を教育してきたのであり、また、教室外での経験はしばしば、大人により押し付けられた教育を通して獲得された知識よりも有用である。つまり、必ずしも指導の必要がある子ども個人ではなく、その子どもが置かれている社会的状況こそが、その社会が依拠している特定のパラダイムを維持するために必要な一連の知識、技術、習慣を、社会の一人一人が共有することを要求しているのかもしれない。教育の歴史の別々の時点において、教育制度は様々な経済的、政治的、宗教的、世俗的な利益に仕えてきた。教育の今日における中心的機能は、消費者資本主義社会の価値、信条、習慣に子どもたちを適応させることなのかもしれない。MITメディアラボ卒業生アロン・ファルベルは次のように主張する。

我々の社会において、大人とは第一に消費(仕事を持つ、金を稼ぐ、物を買う)の生活を意味するのであり、よって我々はこの考え方を、我々が教育と呼んでいる段階的消費の儀式的プロセスを通過させることによって、子どもたちの経験に早期に導入する。3

ファルベルによれば、現行の教育制度は、その制度を首尾よく通過できるように、一種の「通貨」の形で事前にパッケージ化された内容を蓄積するようにデザインされている。カリキュラムを通じて子どもたちが取り組む大半の内容はテストで再生産されるまでの間だけ保持され、その時点で取り組まれた内容は学業単位に変換され、そしてもう忘れられてしまって構わない。より多くの学業単位を生徒が蓄積すればするほど彼らは競争力ある高等教育機関に対しより価値があることになるのであり、そこでは高価な専門的指導の消費がより高い市場価値を学生に与え、そうして彼らはより給与の高い職を得て、さらにより多くの消費に参画し、経済を成長させ続ける。ファルベルは次のように言う。

教育は、より多く消費すればするほどより良くなるのだ、という教訓を伝授する。それが、人々が優秀で従順な消費者であるために取り入れてほしいと我々の社会が望む教訓なのだ。しかしこのことはどの教育課程にもはっきり書かれているものではない。教育の形式と構造がこのメッセージを教え込むのであって、教育の内容が伝達するのではない。4

ファルベルの主張が正しいとすると、実は、優秀な生徒、つまり、指導されるのを好み、設定された課題を成し遂げることから満足を得て、親と教師からの注目と承認のもとうまくやっていく生徒が同時に、教育制度が最大の害悪を与えうる対象であるのかもしれない。従順、成果、達成に向けられたすべての集中は、生徒が決して次のような問いを発することのないようにさせる。「私はだれで、私は何がしたいのだろうか?」という質問を。

多くの点において、我々の今いるような政治的・社会的状況は、機能不全に陥っていた諸機関に対する根本的な疑念を発生させた1960年代のそれを彷彿とさせる。市民権運動、フェミニスト運動、環境運動が勢いを取り戻しつつある中、還元主義的な教育制度から我々の子どもを解放しようとした声5はほとんど忘れられてしまっているように見える。

60年代の反教育運動にはその一つの前例として、1921年にデモクラティックスクールの原型であるサマーヒルスクールを設立したスコットランドの教育家ニールの活動があった。ニールの活動は、次の一つの基本的な考えを中心に置いていた。「子どもを学校に合わせる代わりに、学校を子どもに合わせよう6」という考えである。サマーヒルスクールには一切のカリキュラム、テスト、成績評価、年齢別によるクラス分けがなく、また、子どもと大人が民主的な意思決定を通して学校運営のあらゆる側面に等しい権利を有していた。子どもは学校での時間を、頼んでもいない大人の判断、手引き、介入なしに、自分で有意味だと思えるあらゆる方法で過ごすことができた。同じコミュニティに属するほかのメンバーに害を及ぼさない限り、どんなことでも可能であった。子ども中心のオルタナティブ教育のモデルの他の例である、結局は大人により考えられ強制された特定の教育的意図に基づき精巧な教育環境を用意するモンテッソーリ教育シュタイナー教育などに反して、サマーヒルスクールの民主的な構造は、子どもたちが学習のパラダイム自体を形作ることのできる力を持つ、徹底的に開放的な学習環境へと結実した。サマーヒルスクールの背後にある理念について、ニールは次のように言う。

子どもの役割は、子ども自身の人生を生きることである。その子の心配性の親が送るべきと思った人生を送ることでもないし、何が一番良いかを知っていると思っている教育家の目的に沿った人生を送ることでもない。このような大人側の干渉や指導はすべて、ロボットの軍団を生産することに終わる。7

ニールの教育学上の成果により、子ども、教師、親からなる多様なコミュニティが、社会的な要求よりも個人的かつ共有された健康と満足(wellbeing)を、特にその両者が相対立するときに、優先できるようになった。子どもたちが成長しコミュニティの責任あるメンバーの一員として自分たちの生来の必要、価値観、モチベーションを探求し話し合うにつれて、民主化された教室は彼らが目的に対する強い意識を発達させるのを後押しした。その意識というのは、どんな種類の押し付けられた教育規範よりも、よく生きるために肝要なものと言えるだろう。

いくばくかの程度子どもを無意志な大人へと変えることなしに(中略)子どもに無理やり学ばせることはできない。子どもが現体制―――これは、味気ない机の従順な座り手、店で棒立ちする店員、8時半の郊外の電車を機械的に待つ人を必要とする社会にとってよいものだが―――つまり、端的に言うと、哀れなおびえた人間、死ぬほどの怖れを持つ順応主義者のみじめな両肩の上に成り立つ社会を受け入れるようにさせるのだ。8

公式な学校としてのサマーヒルスクールの設立は、最終的にサマーヒルという事業を非常に政治的な声明へと変え、経済的利得にのみ意味を見出しその逆には見向きもしないように全世代を訓練するように作り上げられた教育の産業モデルに疑問を投げかけることとなった。サマーヒルスクールで過ごした最初の学生たちが卒業し、自らの赴くままに大学、職場、もしくは別のコミュニティへと進路をとっていくことで、ニールは親や教育家たちに、子どもたちは厳格な教育規範に押し込まれることなしにきちんとやっていくことができるのだということを証明した。70年代の初めまでに、サマーヒルの事業を全世界に発信した本9が300万部の売り上げを記録するとともに、全世界のフリースクール運動を、非学校教育(unschooling)として知られる子ども中心の自宅教育的やり方ともども活気づけた。近年フリースクールと自宅教育の実践者により行われている自律的な教育の中心的確信の一つは、純粋な学習というものは根本的に生来的なプロセスなのであって、外部から強制された教育的な意図によって台無しにされがちだということである。もし、子どもが代わりに、学習を支え補助するような環境の下で自身の学習をコントロールする自由を与えられたなら、その環境下で個々の人間として目的を探しだすのに必要な個別の知識、技術、習慣を直感的に結び合わせるだろう。

今日のますます標準化されていくテストありきの学校教育といわゆる過保護の情勢は、これらかつての運動が体現した子ども解放の倫理に対して逆風のように見える。映画プロデューサーかつ非学校教育で育ったひとりでもあるアストラ・テイラーはこう記す。

今日、数百万の読者に届いているサマーヒルスクールのような本の展望、つまり、授業に行くこと、宿題をすること、権威に従うことを拒む子どもに同情的な態度を示す展望は、馬鹿らしく見える。10

一方で、世界最高の教育専門家とビジネスリーダーたちは、現在一般的である、上意下達の指導、年齢別によるクラス分け、標準化されたテストの産業的モデルは若者を21世紀の労働市場に向けて用意するのに失敗していると警鐘を鳴らしている。今日のイノベーション経済は、内発的動機付け、批判的思考、創造的な問題解決を、従順さやテストの成績よりも重視するものだ、と主張は続く。これらの能力はフリースクールや非学校教育で学んだ者たちに起こるうれしい副次的効果として長く知られてきたものではあるが、起業家たちは今、創造的な学習用玩具、自発的課外プログラム、自由な遊びが未来のイノベーターを養成するための新しい教育パラダイムとして再パッケージ化された環境であるミニ学校というようなものを両手いっぱいに携えてこの道を率いようとしている。このような学びの試験場の新興ブランドは、しばしばシリコンバレーの労働環境の現在の時代精神と完璧に調和する。つまり、子どもたちは独創的な発想をし、コラボレーションに積極的であり、そしてこれが最も重要なことであるが、彼らの情熱を見込みある学習計画に落とし込むように奨励される。しかし、ちょうど新世代の職場において「仕事嫌いには居場所がない11」ように、この新しくできたクラスにも、大抵の場合不参加の余地はほとんどない。結局のところ、すべては子どもの利益のためということだ。子どもはだれか他人のためにやっているわけでもあるまいし、控えめに言っても、彼らはだれか他人のためにやっているのではないと思わされているのだ。ニールと彼の運動が、自発的な遊びは基本的権利であり健康と満足の生涯にわたる追及のために欠かせないものであると考えたのに対し、新しい教育パラダイムは、遊びの価値を生産性の最適化という目的に還元するものだ。別の言い方をすれば、起業家的な自発的学習というのは教育の還元的機能を疑問に付すことなく、代わりに、ポスト産業化イノベーション経済の動機付けに同期するような「成功」の狭い定義と調和する企業的な管理手段により既存の教育を更新しようとしているだけなのだ。

教育は人間の基本的なニーズとなった。衣食住に対するニーズと等しいレベルで基本的なのであり、我々は制度化された教育への平等なアクセスを人権として語る。よって、子どもの養育という次元における還元主義への抵抗はことさらに挑戦的なものとなる。制度化された教育への権利は、持続しかつ増長する不平等に対抗しそれを平準化するのに有効な方法として確かにはたらくものではあるが、もっと深いレベルにおいては、経済的妥当性と基本的な生活保証の現在におけるもつれ合いが、幼年時代と子どもの養育を仕事に就くための準備の主要な手段だとみなす、より一層の還元主義者的理解に我々を導いてきたのだと認識しなければならない。このやり方は、どれくらいよく生きているかという基準で成功の度合いを測ることを子どもに許さない。むしろこのやり方は、どれくらい経済をよく保っているかということを基準に成功を測るよう子どもに教え込む。たとえそれが、子どもと子どもの属するコミュニティの健康と満足を犠牲にして達成される場合においてであっても。

子どもは、先入観も限界もない遊びを通してこの種の還元主義を特定し問いただす能力を持って生まれてくるが、我々大人は大抵の場合、現行のパラダイムを保護するために幼年時代のこの本物の才覚を無視するようになった。子どもという集団は、ほとんどどんな社会上のほかの集団に対しても不適切な言説とみなされるようになったことを明示的に述べたてることを許されている唯一の対象である。つまり、過度な自由は彼らにとってよくないもので、彼らは我々の支配下に置かれることで利益を得るものだ、と言うのを許されているのだ。もし彼らがこの権力のダイナミクスを問いただすことをやめないならば、もしあるいは彼らが反抗的になり、不安になり、または抑鬱されるということにまでならないならば、子どもたちは過失は自分のせいなのだと思いこまされる。つまり、制度やシステムに何ら非はないのであり、問題は、そのような制度に適応できない彼ら自身の無能力にあるのだ、と。制度になじめなかった子どもは周縁化されたり、放り出されたり、もしくは数の増え続ける障害、たとえば識字障害、ADHDASDSPD、EFDなどを持つと診断され、彼らの味わう無力や不幸を耐え忍ぶのを助けるために、薬、治療、福祉のケアが与えられる。

もし代わりにパラダイムの層自体に一括的なやり方で取り組んだら、そして再び、ちょうどニールのやったように、学校をそして社会を子どもに合わせてみればどうなるだろうか?もしかすると、また再び諭されたり、間違いを直されたり、丸め込まれたり、手なずけられたり、しつけられたりすることを死ぬほど怖がっている我々自身の内なる子どもが、我々の子どもを「子ども」のままにさせておく能力を損なっているのだろうか?

パラダイムの層を掘り進めていくことは痛みを伴う。我々は、自己欺瞞と、純粋な目的を探すための己自身の格闘から自身の注意をそらすために注意深く積み上げてきたアイデンティティと物語に直面しなければならない。経済的成長に対する狭隘な集中は、現在の犠牲に対する報いのごとく、健康と満足はいつか遠い未来に勝ち取られるものだという偽の期待を生み出す。しかし、健康と満足というものは勝ち取られるものではない。それは、ありとあらゆる追及の目的に生気を与えるべくあるパラダイムなのである。もし我々が子どもたちが健康と満足を優先するのを助けたいと望むなら、来るべき世代に対し還元論者的見解を受け継がせようとする制度と構造に徹底的に介入しなければならない。つまり、子どもの養育の現在の規範における還元論的な成長のものさしを廃止し、もっと個人的かつ包括的な成功の定義に則って生きることのできる権利と保証を子どもたちに与えなければならない。

エーリッヒ・フロムがニールの最大の支持者の一人であったことは驚くに値しないだろう。ニールの著作における序文において、彼はこう言う。

サマーヒルで一度起りうることならば、ひとたび人々の準備が整えば、どこででも起こりうることなのだ。著者の言うとおり、問題児などというものは存在しないのであり、ただ「問題親」や「問題人道性」というのがあるだけである。私はニールの著作がきっと発芽する種子であると信じる。やがて彼の考えは、人自身とその人の伸展があらゆる社会的努力の究極の目標となった新しい社会において、一般に認知されるようになるだろう。12

デモクラティックスクール、フリースクール、非学校教育のコミュニティの卒業生たちがあるいは、より還元主義者的でない社会への新しい行路を我々に示してくれるだろうか?つまり、リーダーシップを少数の勝者による力の行使というよりも共通の責任として思い描くこと、どんな種類の関心、技術、能力にも意味と利益を全体に与えることを許す適応の原則を採用すること、そして最も重要なことだが、健康と満足を共通の目的にまで押し上げ、各個人と各世代にその意味を己のために再定義し醸成するように促すというようなことだ。

このような野望は、いかに深くパラダイムが変化しなければならないかを考慮すると 到達しがたいものであるように思えるかもしれないが、我々はみな個人として、日常の中で子どもたちと関わるときに選ぶ価値観についてよく考えてみることはできる。我々は、子どもを製作途中の可塑的な作品としてではなく全体としてある一人の人間としてみなすこと、純粋な興味から子どもたちの視点を知ること、我々が受けるべきだと考える補助だけでなく子どもたちが求める助けを与えることを、学ぶことができる。これにより我々は、長年の還元主義者的教育から来る我々自身の偏見について省察し、新たな世代の新らしい物の見方に応じるときに生じる不安に対処することができる。そうして、我々は子どもたちの行く末に割って入るのをやめ、彼らを唯一の存在であるあるがままの個人、そして世代として、よく育つようにさせられるかもしれない。「我々の子どもは何を学び、何を学んでいないのだろうか?」という問いを、「子どもたちはよく生きられているだろうか、もしそうでないのなら、その邪魔になっているものは何だろうか?」という問いに置き換えられるのが早ければ早いほど、我々のパラダイムを分かち合われた繁栄へと転換させられる日は近づくだろう。子どもの養育における還元主義に抗う勇気は、いつの日か我々を導く世代の健康と満足に対する投資なのだ。


  1. https://jods.mitpress.mit.edu/pub/resisting-reduction (日本語版:還元に抗う:機械との複雑な未来を設計する)

  2. cf. Gray, Peter: Free to Learn. Basic Books, 2015; and McDonald, Kerry: Unschooled. Chicago Review Press, 2019.

  3. Falbel, Aaron in: Ekwa Ekoko Beatrice and Ricci, Carlo (eds.): Natural Born Learners: Unschooling and Autonomy in Education. CrateSpace Independent Publishing, 2014.

  4. Falbel, Aaron in: Ekwa Ekoko Beatrice and Ricci, Carlo (eds.): Natural Born Learners: Unschooling and Autonomy in Education. CrateSpace Independent Publishing, 2014.

  5. cf. Holt, John: How Children Fail (1964); Dennison, George: The Lives of Children (1969); Kozol, Jonathan: Death At An Early Age (1967); Goodman, Paul: Compulsory Mis-Education (1963); and Illich, Ivan: Deschooling Society (1971)

  6. cf. Neill, Alexander Sutherland: Summerhill – A Radical Approach to Child-Rearing. Hart Publishing Company, 1960.

  7. cf. Neill, Alexander Sutherland: Summerhill – A Radical Approach to Child-Rearing. Hart Publishing Company, 1960.

  8. cf. Neill, Alexander Sutherland: Summerhill – A Radical Approach to Child-Rearing. Hart Publishing Company, 1960.

  9. cf. Neill, Alexander Sutherland: Summerhill – A Radical Approach to Child-Rearing. Hart Publishing Company, 1960.

  10. https://popularresistance.org/the-unschooled-life-astra-taylor-story/

  11. https://opinionator.blogs.nytimes.com/2013/06/29/the-gospel-according-to-me/

  12. Fromm, Erich in Neill, A.S.: Summerhill – A Radical Approach to Child-Rearing. Hart Publishing Company, 1960.